ARCHIVE

髪の毛をブリーチしすぎた結果白くなって切れた髪がまるでたんぽぽの綿毛のように飛んでいきます。
どうもこんにちは、2年の澤田です。

今回は第4回学生団体総選挙に行ってきたお話をしようかなと思います。
学生団体総選挙というのは調べてもらうと分かるのですが、日本全国の学生団体の中から1番を決めるという大会です。
昨年もDK art caféは学生団体総選挙に出場していたのですが、その時は何か別のイベントの仕切りをやっていたためプレゼン作りなどにしか参加できず、大会の様子を先輩からあとから聞いて、

「まじっすか、めっちゃ面白そうじゃないっすか!他の面白い団体のプレゼン聞きたいっす!」

ってなってました。

時は流れて1年後、また本選に行けることが決まりすげーわくわくしていました。
ですが、プレゼンの資料は提出ぎりぎりにしか終わらなかったし、発表原稿もぎりぎりでできて、正直

「まじかーこれやべーなー。本選こんなんで大丈夫なんかなー。」

って感じでした。

ここまでが大会に行くまでの話なので、当日のお話をします。

A.M 6:00 金沢出発

いやーマジで眠い。朝がはえー。
久しぶりに前日は緊張と楽しみという気持ちで全然寝れない。
そんな感じで新幹線で乃木坂46の歌を聴きながら新宿に向かいました。

A.M 10:30 部門先行スタート

今回は私たちはビジネス部門でのエントリーだったのですが、他の団体まじすげー。
やってることちょーすげーよ。


と言っている間に僕たちの番。

緊張はMAX。
そんな中リーダーの香林さんが1言目を話始めた。
正直この時点で原稿は頭の中からおさらばしていた。
だが、僕たちの活動を伝えるという気持ちだけをもって、熱く語った。
頭は真っ白。
ひたすらスライドをみて出てきた言葉をつなぐので精一杯。
結論の石川を盛り上げたいにつなげるために身振り手振り。
最終的に言いたいことは言えたと思うが、何を言っていたかは覚えていない。
ただ時々見えた審査員の笑顔、聞こえた笑い声が嬉しかった。

5分という発表時間はあっという間に過ぎ、思ったことは楽しかったが9割、やらかしたが1割。(実際はがっつりやらかしています)
その思いを抱えて会場を去った。

P.M 3:00(ぐらいだったきがする)

部門グランプリの発表。

画面に映し出された僕たちの名前。
やべーよ。まじやべーよ。
どうすんのよ、ファイナル決勝戦もう始まっちゃうよ。
とりあえずイヤホンを耳にしました。
流れてくるのはもちろん乃木坂46。

各部門のグランプリが発表をしていく中、とうとう僕たちの番が。

座ってる席からステージ上に上がった瞬間見えた景色を見て思った。
前の方の審査員は光当たって見えるけど、後ろの観客あんま見えんくね(笑)
ちょっとほっとしたし、見えないとこにも思いを伝えたいなと思った。

そう思いながら始めたプレゼンも、しょっぱなから下回らず噛んじまった。
申し訳ねーと思いながらも、もう噛んだし何も怖くねーと思いました。
そっから3人とも原稿飛ぶは、間違えるは、思い通りにいかないことばかり。
けどそんな状況をたのしんでいる自分もいました。
原稿とかもう関係なく伝えたいこと伝えたい。

最後の僕の番。
スライドは残り数枚。
俺の言葉でDK art caféのプレゼンは終わる。
言いたい言葉を頭で思い描こうとするが、出ない。
そんな時に出た言葉は、

「石川盛り上げて、日本盛り上げて、世界盛り上げるんすよ!
理論とかなくてすいません。でも盛り上げたいすよ!」

なんかいま書いてて馬鹿なこと言ってんなーと思ってますが、この言葉がでた自分すげーなとも思ってます。(自画自賛すいません)

そんな感じで終わったプレゼンも終わってみたらすげー楽しかったです。

結果としては、

写真でもわかるようにビジネス部門の部門グランプリと写真ないんですけどSNOW賞という企業賞を頂きました。
選んで頂き本当にありがとうございました!

決勝後の交流会でもいろんな人に話しかけてもらえて楽しかったです!
話しかけてくださった団体の方企業の方本当にありがとうございました!

最後にこのブログ見てくれているかわかりませんが、学生団体総選挙運営の方々に感謝申し上げます!
こんな楽しくて面白い経験をさせてもらえる場をつくってくれてありがとうございます!

以上。
もっとプレゼン上手くなってやる!と思った澤田のブログでした。


おまけは、帰り道見つけたなんかのオブジェの前で立つ澤田です。

投稿者プロフィール

澤田翔吾
澤田翔吾
環境・建築学部 建築デザイン学科2年
主な仕事:イベント企画・運営とプロモーションの統括
趣味:スニーカー、古着
できること:「あれ、これできるんじゃね」と思ったこと全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。